WordPress・開発等

1 WordPress(定義とシェア)

(1)WordPressは、ホームページが制作・管理できる(CMS)、オープンソースソフトウェア

WordPressとは?一言で言えば、サイトの作成やブログの作成などができるCMS(=コンテンツ・マネジメント・システム)、オープンソースのブログソフトウェアのことです。開発言語はPHP(※1)でできており、データベース管理システムとしてMySQL(※2)を利用しています。現在は、単なるブログではなくCMS(※3)として活用されることが多いです。

mySQL PHP

CMSと普通サイトの比較図

HTMLサイトとCMSサイトの違い

(2)ホームページ制作ソフトの中のでシェア

WordPressは世界の全ウェブサイトの32.9%で使用されいます。コンテンツ管理システム(CMS)の中でシェアは59.9となっています。

WordPressの世界的シェア

2位のJoomla!のウェブサイト比率3.2%・CMSシェア率6.7%を大きく引き離しています。詳細については追ってご説明しますが、WordPressの有用性は他の無料ホームページ作成ソフトを凌駕しています。

2  WordPressの歴史

2003年 マット・マレンウェッグがアメリカヒューストン大学政治学専攻の1年生19歳の時に共同開発、世界中のプログラマーの英知を結晶する形で開発され、発展してきました。
その歴史は約10数年と短いものであるが、ただ単にホームページが作成できるソフトということではなく、ユーザー側でも自由にカスタマイズができるCMS機能があったり、プラグインといった新たな機能をつけ加えられる仕組みがある点等、優れている点が多いです。
このことからか、世界で使用されているホームページ制作ソフトのうち大きなシェアを占めるまでになっています。

マット・マレンウェッグ

WordPressの歴史

(出典 pastport(http://pastport.jp/timeline/ d2c4f4c6320816e 56b9283ccb7) 2016年9月23日  )

3  WordPressが他のHP作成ソフトに比べて優れている点

WordPressの優れている点について、下記代表的な例をお示しさせていただきます。

(1)Theme(テーマ)というセミオーダー式

Theme(テーマ)というセミオーダー式のホームページの枠組みが無料・有料が多数あり、一から作る必要がない。

セミオーダー式

(2) 無料で使用することができる

WordPressはオープンソースである為、無料で使うことができる。個人での利用・商用利用を問わず、費用はかからないことが上げられます。

(3)CMSがあり、サイトの制作・改変が容易である。

以前は、ホームページを開設するにはHTML、PHPなどの専門知識が必須であったが、CMS機能があることにより、コンテンツの追加・編集・削除などの作業が専用の管理画面で行える。この為、専門知識がなくてもサイトを作成することができます。

(4)プラグインというシステムがあり、各種機能を随時追加できる。

世界中の開発者によって、随時新たな機能(他のソーシャルメディアとの連携機能やSEO対策機能等)がプラグインという形で開発され、それを取り込む形で、サイトを改変することができます。

プラグイン等の特徴

(5)不明な点やトラブルを解決しやすい

世界中で最も使われているホームページ作成ソフトである為、インターネット上に不明な点やトラブル等の解説方法等が、数多く掲載されており、解決し易くなっている。また、書店にも多くのWordPressに関連する本がたくさん並んでおり、確認することができます。

WordPressを検索できる

4  WordPressの世界的シェア

世界トップ1,000万サイトの内、WordPressのシェアは23.2%であり、又、CMSを導入しているサイトの中でのシェアは61.1%といずれも高いシェアを持っています。

図表3‐2 世界のトップ1,000万サイト(CMS機能付き)

におけるWordPressのシェア(2014年11月・上位のみ)

WordPressのshare

出典 w3echs.world wide web  technology Surveys(http://w3techs

.com/technologies/overview/content_management/all])平成28年10月12日

Googleトレンド比較による世界のCMSの人気状況

5  WordPressで作られている国内外の著名なサイト

実際に、国内外でどれだけ有名な企業や政府機関がWordPressを使ったホームページを作っているか、以下お示しさせていただきます。

(1)国内の企業サイト

図表3-4 国内有名企業のサイト

国内企業 WordPress例

(2)海外の企業サイト

         図表3-5 海外有名企業のサイト

海外の企業サイト          図表3-5 海外有名企業のサイト

(3)海外の政府系サイト

図表3-6 海外の有名政府系サイト一覧

図表3-6 海外の有名政府系サイト一覧

(4)海外の大学のサイト

WordPressでできた海外の有名大学のサイト一覧

6 ホームページ作りが楽しくなるWordPressならではの得点「マルチサイト」

WordPressのマルチサイトとは、WordPress 3.0以降利用が可能となった、サイトのネットワーク化のことである。このマルチサイト機能を設定したことにより、サイトの仮想的なネットワークが作成され、複数のサイトを一つのワードプレス、一つのデータベース、一つのプラグインソフトで管理・運営するこができる。

一人の管理者で、複数のサイトの製作がし易くなると共に、制作後のGoogle analytics等でのモニタリングやSEO対策のコントロールもし易くなっている。

さらに、サイト依頼元の企業にはブログの投稿や商品紹介ページの作成等の権限を付与することで、自由にサイトの改変や新たな投稿記事を作ることができる。このことにより、依頼元企業にとっても常にサイトをフレッシュな状況に保ちやすい有要なシステムとなっている。

具体的イメージ

出典 ファーストサーバ株式会社(https://www.templateking.jp/practical/build/sub_dir.html) 平成28年11月30日

私が現在管理しているWordPressのマルチサイトの管理画面では図表3-9のようになっている。筆者所有のWordpress マルチサイトの管理画面(サイト管理)

一人の管理者で現在6つのサイトを同時に管理することができている。

図表3‐10 筆者所有のWordpress マルチサイトの管理画面(ユーザー管理)

5人の中小企業担当者に、ブログ更新等のアクセス権限を付与している(2017年時点)

7 まとめ

WordPressは、約10年あまりのうちに、ホームページ無料作成ソフトの世界シェアトップを獲得するまでになりました。

Historical yearly trends in the usage statistics of content management systems

また、WordPressの市場シェアは8年連続で毎年1~4%で増加しています。(全体市場シェア)今後に関しても速度が落ちそうな様子をないとW3Techsは予想しています。この傾向が続くならば、2020年12月にはWordPressがインターネット上のすべてのウェブサイトの3分の1以上を占めるようになる見込みです。

このように、WordPressは以前のホームページビルダーのように、ホームページ制作ソフトのとして、より使い易く、より機能的に今後も進化していくことが予想されます。 

<用語解説・出典元等>

(※1)PHP… ( Hypertext Preprocessor を再帰的に略したもの)広く使われているオープンソースの汎用スクリプト言語。特に Web 開発に適しており、HTML に埋め込むことができる。

(※2)MySQL…オープンソースのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)。オープンソースとしては世界的に最も多く使用されている。

(※3)CMS…コンテンツマネジメントシステムのこと。コンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。 広義には、(Webサイトに限らず)デジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称

 

2020/02/13