Illustrator記事 Wordpress(技)

Illustratorでサイズの定まったheader枠に、文字装飾(基本)をして画像を貼り付ける方法

2019/03/07

1 WordPressテーマ「AFFINGER5」(STINGERシリーズの後継)を使ってみた

WordPressの新しいThemeを使ってみました。「AFFINGER」という以前のSTINGERシリーズの最新版です。ここの画像の推奨されている縦×横比(アスペクト比)が以前のSTINGER+と異なる為、新たに画像の大きさを設定し直す作業が必要になりました。

affinger5

2 Illustratorの基本機能

Illustratorには、キャンパスサイズという作業領域があり、そのサイズは自由に変更することができます。また、その縦横比率を目標とする枠(今回はheader部)分の縦横比と同じ様に決めてしまえば、いくら拡大しても、Photoshopのように画像の劣化が発生することはありません。
それは、Adobe Illustratorは、Photoshopのようにピクセルデーターで出来たラスタ形式はなく、数式によって定義されたベクタ形式の画像形式の為です。
通常、WordPressでバナーやheader画像に文字などをいれる編集作る際に、便利だと思っています。 今回は、header画像に使う写真に文字を入れる作業を行った備忘記録です。

手順は下記のとおりです。

(1) Illustrator立ち上げ、「ウインドウ」ー「アードボード」を開く

「アートボード」は「ウインドウ」の中か、「ファイル」-「ドキュメント設定」の中にあります。まずは、目標とする枠の縦横比と同じアートボード(作業領域)を作ってしまいます。

(2) 好きな画像を探し、「ファイル」ー「新規」を 選択し、「配置」する

画像選びは、それで印象のほとんどが決まってしまうので重要です。自分はShutter Stockという、年間会員になれば、良い写真が手ごろな価格で買えるサイトの、有料会員になっているので、そこで気に入った写真を購入しました。

取材の学校ポータルサイト

(3) 文字装飾

文字装飾は、「フォントの設定」、「袋文字」、「ぼかし」、「背景色の設定」、「グラデーション」、「カーニング(文字幅の設定)など、沢山の方法があり、実は奥が深く結構バリエーションが豊富です。
今回は、オーソドックスに「カーニング」、「袋文字」、「ぼかし」、「背景透過色」の設定を行ってみました。

illustratorの文字装飾の方法

(4) 参考サイト

Logo Design Blog | Logaster. 様

ベクター画像とラスター画像の違いとは?

-Illustrator記事, Wordpress(技)