web学習 動画(Pr)記事

You Tube動画で集客応援(イタリアンレストラン)

2020/03/30

1 動画で、集客の支援ができないか? 

「動画で、集客のご支援ができないか?」と前から思っており、色々と勉強し、ホームページ制作でもお世話になった八丁堀のイタリアンのメニュー動画を作らせていただきました。
お影様でまだ、You Tubeにアップ後4日しか経ってないのに、視聴回数が100回を超ることができました。
これで、少しでもご支援ができ、集客に役立てればいいのですが…。
(しかし、今の状況の厳しさは想像以上かもしれません。)

2 制作・編集ソフトはAdobe Premiere Pro2020

動画の制作・編集については、今回も、Adobe Premiere Pro2020を使って編集しました。PremiereProはプロも使うソフトのようで、できることは半端ないですが、その反面、操作方法を覚えるのがとにかく大変ではあります。しかし、これを使いこなせるようになれば、ちょっとできることが広がり、ご支援のチャンスも広がることを期待しております。このAdobe Premiere Proはafter effectという特殊効果を演出できるソフトや、Illustrator(イラスト等の編集ソフト)の素材をそのまま使えるなど、互換性が高く、とても面白いソフトです。また、最近では、Adobe RASHというPCを使わないでも即時スマホで編集してSNSに投稿していこうというアプリもあります。

3 使ったエフェクト(効果)

・レンズ・フレア

画面では、「ビデオ・エフェクトー描画ーレンズ・フレア」にあります。光の効果で、光彩を出し光ったようにします。光を右からと左からと二本逆から走らせられるように設定します。結構時間と労力が入ります。(横位置の変更、光の大きさの変更、背景の透過帯の作成)

・テロップ 

「キーフレーム」を打ち、(小サイズ)から(大サイズ)へとズームさせます。また、背景にシェイプレイヤーを作り、文字をいれる外枠を作ります。文字はシドロップシャドーで縁どります。AdobeにはAdobe Stockというテンプレートの配信コーナーがあり、無料・有料を考慮しながら手に入れられるeffectが多数あります。

・写真と写真の遷移

ビデオ・トランジクション-「VR アイリス・ワイプ」を活用。ちょっと華やかにします。

・写真の選定及び縦横比を併せてタイムラインに並べる

ホームページを制作させていただいた際に、預からせていただいている写真で使えそうな写真を選定します。そして、それにナンバリングをして、整列させます。写真をタイムラインに並べて、画像サイズを全部整えます。(クリップは、フレームにあわせて挿入します。)この

・バックミュージックの選定

海外の音源配信サイトから「イタリアン」と検索して、面白そうでアップテンポな曲をダウンロードしてタイムラインに乗せました。このサイトはお勧めです。色んなサイトで視聴しましたが、このサイトが一番落ち着くと共に品があり、良い曲が多いように思いました。(お知りになりたい方は個別にご連絡ください。)

・困った時には、ヘルプデスクがある。 

動画編集は、色んなスキルや知識が必要ですが、必ずといって良い程わかないことは発生します。その困った時は、Adobeのヘルプデスクに電話すると、Adobe Creative Cloud登録者であれば、Adobe製品の質問全般に概ね答えてくれるので、困ったら電話します。(最長1時間くらい待ちますが…)

以上でございます。また、頑張って作っていき、Web-shindanshiとして、満足度を上げられる活動を続けていきたいと思います。

 

是非、御視聴・ご来店ください。

一汁三菜イタリア~の 八丁堀

-web学習, 動画(Pr)記事