Webマーケティング

1 Webマーケティングとは?

(1)概要 

「Webマーケティング」とは何か?デジタルマーケティングやインターネットマーケティングとも呼ばれることもありますが、その包括する範囲が若干異なるだけで、本質はインターネット上に存在する各種ツールを活用したマーケティング活動のことと言えます。

ここで言う各種ツールとは、色々な区分の仕方がありますが、まずはトリプルメディアと呼ばれる区分に切り分けてご説明致します。この区分は、①ホームページ、ブログ等自分で所有してるメディア(Owned)、②SNS(YouTube、facebook、Instagram)などの等評判や愛着等を得るメディア(Erned)、③Google広告等の有料広告等のメディア(Paid)の3つに区分します。

これらを活用し、「一時的に売れる方法」ではなく、「継続的に売れる仕組み」を作ろうという取り組みがWebマーケティングです。

(2)Webとはなにか?

では、Webとは一体何でしょうか?正式には、World Wide Web(ワールド ワイド ウェブ)といい、インターネット回線を使い、ハイパーテキスト(html)で繋がる仕組みのことです。世界規模のネットワークで蜘蛛の巣上に結びついている為、そう呼ばれております。そのシステムで送受信できるのは、文字、画像、動画、音楽、など幅広いコンテンツです。

Webとは蜘蛛の巣のこと(図)

(3)マーケティングとは何か?

一方、Webマーケティングではなく、一般的なマーケティングとはどんな定義だったでしょうか?このマーケティングの定義については、以下2名の著名人の言葉で確認させていただきたいと思います。

1【フィリップ・コトラー】
マーケティングとは「ターゲット市場を選択し、優れた顧客価値を創造し、提供し、伝達することによって、顧客を獲得し、維持し、育てていく技術および科学である」

2【ピーター・ドラッカー】
マーケティングの狙いは、販売努力を不要にすることである。 顧客を知り尽くしたうえで、何もしなくても売れていくような、顧客ニーズに合致した製品やサービスを提供することが、マーケティングの目指すところである。

3 まとめ
2人のおっしゃっていることに共通する「一般的なマーケティングの概念」は、顧客へのアプローチは待つのでは探し当てること、価値を提供し続け関係性を維持すること、その価値を認めた顧客がいずれは、黙っていても繁盛店のように、自らやっていく仕組みを作ること、とできるのではないか?考えられます。

コトラーとドラッガー 

(4)Webマーケティングとは何か?

①Web マーケティングとは(Web+マーケティングの概念)のこと

では、マーケティングにwebがついた、Webマーケティングについてみていきたいと思います。webマーケティングは、Web サイトや Web 技術を応用したマーケティング手法のことです。Web 上において、いかに人を集め、その中から、いかに「購入(契約)率」を高め、さらに「リピート率」を高められるか、これらを全て満たす仕組みのことです。

企業の事業内容によって内容は多岐にわたるため一概には言えませんが、主要な実施内容は下記のとおりです。

a. Web 広告による自社の Web サイトや商品の告知宣伝

b. 顧客にキーワード検索で検索され易いようにコンテンツを厚くするSEO対策

c. SMM(ソーシャルメディアマーケティング)…Facebook や Twitter などの SNS を自社で運用することで、見込み客にアピールし、購買に繋げることや、既存顧客との関係性を維持し、リピート購買を狙う事。

d. 消費者参加型の商品企画イベントの開催

e. 事業内容に関連する市場調査やマーケティングリサーチに Web サイトや Web 技術を応用すること

② Web マーケティングが通常のマーケティングに比べ優れている点

通常のマーケティングに比べて優れているのは、Web 上での顧客へのアプローチの仕組み全体を無形固定資産(ソフト)として捉えることができる点にあります。具体的には、マーケティングの概念に含まれる下記3つの要素

a. 何もしなくても売れていくような仕組み作りを作ること。
b. 企業の一機能ではなく、企業活動全体を包括するもの。
c. 顧客価値を創造し、伝達、維持していくこと。

を Web マーケティングでは Web の世界で実現していくのですが、「情報」や「顧客との関係性」や「Web 上の仕組み」をあたかも下記の3つの「無形固定資産」のようにして、継続的に利用・管理できる点に優れている点があると考えられます。

a. コンテンツ(広報用の静止画像や動画、文字情報等)資産
一旦作られたコンテンツは Web 上やUSB等の情報媒体内で保管し続けることができ、いつでも何度でも再利用やコピーが可能であり、また、修正や変更等も行い易い。

b. 顧客への直接連絡や再購買を促せる関係性維持資産
SNS 上等で一旦友達関係になったり、メルマガの登録が済まされると、そのつながりは顧客側から解除されない限り、基本的に継続・維持され、企業側からのプロモーション活動、ユーザー側からの情報収集活動に役立てることができる。

c. Web 上の SNS 等を連携させた総合的な仕組み資産
オウンドメディア(自社ホームページ等)やソーシャルメディア(Facebook や Twitter 等)等を複合的・横断的に活用することにより、顧客との情報交流や電子商取引等の関係性を総合的に管理・維持できる仕組みが出来上がる。このような複雑で相対的な仕組みを「Web 上での仕組み資産」と捉える。

<参照>貴社の Web マーケティング資産は何点? web サイト 「 Get Started tofit your Web Marketing 」 http://www.hivelocity.co.jp/blog/96402016 年 9 月 19 日

③ まとめ

このようにして Web マーケングは、従来のマーケティングに比べ、①販促媒体としてのコンテンツが再利用や転用等の活用が可能なこと、②顧客への直接連絡や再購買を促せるような関係性を維持できること、③Web 上に自社ホームページや SNS 等を連携させた総合的な販促体制を構築できること、等において優れたマーケティング手法である。

しかしながら、その内容については後述するが、必ずしも即効性による効果が期待出来たり、Web 以外のリアルの世界でのマーケティング努力が不要ということではない。

理由は、①Web マーケティングは WordPress という無料 CMS 機能付きソフトや Facebook や YouTube 等の SNS との爆発的普及によりここ10数年余りで発展してきたマーケティング手法であり、その活用方法やカスタマイズ(簡易なソフト開発)方法にはそれなりの知識やスキルが必要な為、 ②Web 上でのそのような仕組みが出来上がる為には Google の Search エンジンに認知される必要があり、それに時間を要する場合がある為である。

よって、業種にもよるが、まずは Web の世界だけで成果を出そうとせずに、当該企業の実情にあった on-line と off-line のバランスを保ちながら、段階を追って Web マーケティングに取り組むことが重要と考える。

 

2 WEB上でのPDCAサイクルの各段階の詳細説明

では、実際にどのような方法でWebマーケティングを実践していけばいいのでしょうか?方法は、下記のとおいPDCAサイクルを回す一般のマーケティングの方法と同じです。

(1)第一段階(P1an…計画を立てるこによるメリット)

ホームページがない会社、事業所様、今でも結構いらっしゃいます。そのような会社様では、何かしらの不要な理由や、社内でストップをかける理由があり、作成してこなかったのだと思います。
しかし、いざ初めて「ホームページを作ろう!」と社内で決めた際には、そこには「制作計画」が必要となります。と同時に「掲載内容(コンテンツ:文章・画像・イラスト・動画等)」の用意が必要となります。
自社内でその掲載すべき内容(コンテンツ)を精査し、掲載の仕方等を議論するうちに、組織の在り方や、今までの広報の仕方の課題等が明らかになっていくことが期待できます。

計画のメリット

このようにホームぺージ作りが、自社の在り方等を顧みる良い機会になると思います。
また、ホームぺージを持つことは、今までの紙媒体による広報活動や、限られた紹介ルートからの仕事受注など制限のある営業形態から、インターネットの世界での活動に飛び出していくことを意味します。組織がIT化段階を上げることにより、全世界へ向けて営業活動が行えるのですから、良い方向への変革を図れるでしょう。

(2)第二段階(Do…ホームページ制作によるメリット ①消極的・②積極的の2パターン有)

①最低限得られ消極的メリット

ホームページを作ることによって、自社の紹介ページをweb上に存在させ続けることができます。このことにより、最低限下記のメリットを得ることができます。

・何かあった場合に、顧客に「ホームページがありますから…」と説明でき、内容がしっかりしていれば、相手に安心感、信頼感をいただいてもらうことができます。

・業務内容等を全部口頭で説明しなくても、「あとはホームページを見てください」と説明を省けることが期待できます。

ホームページによる安心感

②ホームページを販売促進活動に活用した場合に得られる積極的メリット

・店舗が、だまっていても人々が訪れてくれて、商品やサービスが売れる店舗となっていく。

販売促進の具体的方法については、このサイトの「Webマーケディング」ページにて詳しく説明していますが、概要としては、①優良なコンテンツを増やすコンテンツマーケティングの実施、②その記事のSNS利用による拡散、③様々なGoogleSearchエンジン対策SEO対策)を実施することです。その結果、狙ったキーワードで上位表示された場合には、対象顧客自らが自社(ホームページ)を訪問(アクセス)してくれる可能性が増し、新規顧客の獲得、既存顧客の呼び起こしなどが図れる可能性があります。

コンテンツマーケティングの図

・広告費のコスト削減
今まで、広告宣伝に使っていたチラシやDM等の制作・発送費用等を大幅に削減できる可能性があります。具体的には、チラシに記載するデザイン等の費用は同じようにかかるとしても、紙代や印刷代などがホームページにアップすれば不要になります。発送費についても、メールやSNSの活用などを行えば、不要になるし、検索エンジン対応(SEO)を行い、対象顧客が自ら自社のサイトにたどり着きやすい状況にすれば、これもまた発送費用は不要となる可能性が高まります。

(3)第三段階(Check…サイトへアクセス(訪問)してくれた人達の属性等の解析ができるメリット)

リアルの店舗では、来店したお客様が、どこからやってきたのか?、何の商品を見たのか?等を調べたり、記録することは難しいことです。しかし、Web上では、アクセス解析ツール(Google Analytics、SearchConsole等)を使えば、サイト訪問者のログをとり、属性をある程度調べることができます。年齢層、性別、居住地域などの情報をざっくりとですが、知ることができます。

Googleanalyticsでの解析

このことにより、次回のマーケティング活動へのヒントを得られる可能性が増えます。さらに、場合によってはホームページ上で登録してもらったメールアドレスなどから、直接営業などのダイレクトマーケティングに活かせる可能性が高まります。

(4)第四段階(Action…ホームぺージの内容や拡散方法等を再検討した上で、マーケティング活動が行えるメリット)

第一段階~第三段階まで見てきたように、ホームページを制作し、マーケティングに活かそうとしていくと、リアルの店舗では出来にくい、Plan、Do、Checkがより客観的、正確にできます。

このことにより、「では、次にホームページをどう改善すれば良いのか?」、「対象顧客に売りたい情報を届けるにはどんな方法で届ければいいか?」等の方策がより鮮明になります。その対策をWordPressはし易いのです

改善 WordPressの図

理由は、ブログ型である為、ページをどんどん追加や削除もできますし、世界中のエンジニアにより開発も進んでいくので、進化の激しいSNSの仕様変更に対するキャッチアップもし易くAPI連携等の簡易な開発もし易い為です。

5 まとめ

このような理由から、WordPressで作ったサイトはWeb上でのPDCAサイクルを何回でも回し続け、進化し、スパライルアップしていくことができるので、当サイトではお勧めさせていただいております。 

2020/02/19